伊豆高原の魅力

「大室温泉レタス」

大室温泉レタス伊豆高原に温泉を供給している「大室温泉株式会社アグリ事業部」による「温泉水を使った水耕栽培」のレタスです。言うなれば「食べる温泉」。メインディッシュにたっぷりと添えてお楽しみいただいております。
★ホームページ:大室高原株式会社アグリ事業部

「増島農園のきのこ」

増島農園のきのこ韮山で希少なキノコを育てる、増島健太郎さんと暁子さん。日本で初めて「エリンギ」を商業ベースの栽培に成功した農家さんです。増島農園ではエリンギは先代が一般の方に馴染みやすいようにと名付けた「白あわび茸」と呼びます。時代が移った今も増島さんのエリンギは「白あわび茸」です。美白キノコ「コプリーヌ」、「ヤナギマツタケ」、「タモギタケ」と個性あふれるキノコたち。
★ホームページ:有限会社増島農園

「柿島養鱒の富士山サーモンと大岩魚」

柿島養鱒の富士山サーモンと大岩魚中伊豆、富士宮で養鱒業を営む柿島さん。日本はもとより、海外からも引き合いも多い生産者さんです。柿島養鱒さんの大きな特徴は「餌づくりから始める養鱒」。安全でおいしい。今までの川魚のイメージを根底から覆す本当においしい魚です。
★ホームページ:柿島養鱒株式会社

「地元の野菜」

地元の野菜イメージ伊豆高原は素晴らしい農産物の宝庫です。それぞれの農家さんが、腕を競うようにおいしい個性的な野菜を栽培しています。しかしメジャーではありません。おそらくそれは山間地ゆえの「小さな畑」なことが一因です。しかし小さな畑に小さな畝をたくさん作り「小ロット多品種」の個性的な野菜を多く生み出します。ディナータイムに提供している「地物野菜いろいろ その日のおまかせスタイルで」は、ミラコロの看板です。
★ミラコロブログ:地元農家見学

「地魚」

地魚イメージミラコロをこの地に開店した際の最大のメリットは「監物さんへ歩いて行けること」。相模湾と駿河湾に挟まれた伊豆半島は、個性の異なる2つの海の恵みに囲まれています。沼津・伊東から確かな目利きとアドバイスで地魚を仕入てくれる「監物鮮魚店」さんは、ミラコロの2軒お向かいです。会って話して、ニュアンスを感じてもらって、おすすめの地魚を仕入れてくれます。監物英明さん晴子さん夫妻のお人柄もステキです。
★ホームページ:監物鮮魚店

「肉類」

Img2766 「あしたか牛ほほ肉の赤ワイン煮」「朝霧ヨーグル豚グリル」「富士宮桑原養豚場 幸寿豚」など。安全で健康でおいしい地元の肉類を可能な限り使用しています。

「蔵屋鳴沢 反射炉ビア」

「大吟醸政子」「(源)頼朝」「(江川)太郎左衛門」など、伊豆にゆかりのある偉人の名を冠した地ビールを韮山で作っています。また季節ごとに細かく限定醸造のビールを醸造してくれるのもこのブリュワリーの大きな魅力です。ぜひ機会があれば韮山の醸造元でもお召し上がりください。
★ホームページ:株式会社蔵屋鳴沢

「ギャラリーと伊豆高原アートフェスティバル」

ミラコロの私的アソビ伊豆高原に点在するギャラリー。どちらのギャラリーも、廊主・作家さんとの距離感が心地よいのが魅力です。数々行われる楽しい企画展も。
5月は伊豆高原が最も輝く季節。毎年5月開催の「伊豆高原アートフェスティバル」は、僕がもっとも好きなイベントです。定休日の活動「ミラコロの私的アソビ/アートフェスティバルめぐり」にもぜひご参加ください。
★ホームページ:伊豆高原 GALLERY ZERO
★ホームページ:伊豆高原のブックカフェ 壺中天の本と珈琲
★ホームページ:伊豆高原アートフェスティバル
★ブログ:伊豆の暮らしを楽しむ会「いずこい」